(2022/6/9)第1287回マーケティング創造研究会【田中 宏昌 氏 / 鮎澤 留美子 氏】
テーマ CMS 共創するソサエティデザイン ~未来の”創り手”となるために~Day2 私たちのTobe篇
講師 株式会社インテージ 田中 宏昌 氏(生活者研究センター センター長) 鮎澤 留美子 氏(デ・サインリサーチグループ マネージャー)
日時 2022年6月9日(木) 14:00~16:30+放課後座談会
参加費用 CMSメンバー(自由参加料):お申込時に金額提示
CMSメンバー(固定参加料):チケット制
一  般 ―1名様15,000円(税別)
     【請求書到着後、銀行振込み】
★お申込みのキャンセルは、6月6日(月)23時59分まで
HPの「参加取り消し」またはメールで承ります。
場所 Webライブ配信のみ 地図
★2回目からのご参加も可能です!
1回目の抜粋資料をお送りいたしますので、ぜひお申込ください★

Day2  私たちのTobe篇 :これからの社会を共創しデザインしていこう   
   

社会、組織、マーケッターとして“これから”の私たちのありたい姿を描く 

概要:
話題提供② 大きな社会課題を考えるための生活者調査研究の共有
      
1)SDGs自主調査+α(4+1カ国調査(日本、韓国、タイ、マレーシア、USA)        
サステナブル・ブランド横浜より グローバルの潮流
      
2)2025年、マーケティング業界への期待 ~グローバルマーケター2000人調査より~     

共創WS②:マーケティングパーク実践「あるべき姿をデザインする」 

ポイント:
・「SDGs=サステナブル」は普遍的なキーワード&キープロブレムを中心にこれからを考えます  
ーコロナインパクトは「サステナビリティ」をより一層課題化した (国・企業・生活者も変わる必要がある)  
ーマーケティングの潮流変化(対顧客=ファン化/提供価値=意味・意義化/手段=デジタル化)

・マーケティングのヒント(モノ・コト・トキ、流路、コミュニケーション)について発信します
・サステナブルをテーマに掲げた情報提供を行いながら、聴講いただく方の事業や「今ココ」にとって、
どのような翻訳や  転換ができるのか、アクションに落とし込むにはどうすべきなのかを共にセッション形式で考えます

< 田中 宏昌 / 鮎澤 留美子 講師のプロフィール >

株式会社インテージ
■田中 宏昌(タナカ ヒロマサ)
株式会社インテージ
生活者研究センター センター長

1992年(株)電通リサーチ入社 1994年より(株)電通にて生活者データベースの開発に参画。
2012年まで電通総研や 消費者研究センターに駐在し、広告コニュニケーション戦略立案における
データ活用に従事。2012年楽天(株)に入社。 2013年(株)インテージへ。
2020年より現職。サステナブル・ブランド横浜をはじめとしたカンファレンスへの登壇や宣伝会議、
MarkeZine、各種業界新聞などの記事執筆も多数。

■鮎澤 留美子(アユサワ ルミコ)
株式会社インテージ
デ・サインリサーチグループ マネージャー

飲料メーカー、航空会社を経て2000年(株)電通リサーチ入社 中央官庁、化粧品・雑貨メーカー等の市場調査、
および、エスノグラファーとして、イノベーションデザインプロジェクトに携わる。
2014年(株)インテージへ 生活者リサーチデータに立脚したアイディア発想を行う『デ・サインリサーチ』を
立ち上げて推進。100以上のイノベーション・プロジェクトをプロデュース。
PAC(Personal Attitude Construct)分析学会会員。
 

  • トップページ
  • これまでのセミナーリスト
  • 研究会レポート
  • CMSメンバー企業一覧
  • 講師一覧
  • 派遣講師一覧
  • CMSメンバー制度・申込み
  • お問い合わせ・ご連絡
  • 協会案内